調和モダンな「千代の湯」

目黒区の学芸ユニバーシティターミナルの近くにある「千代の湯」は、デザイナーズバスとして25階級ぶりにアップデートした銭湯で、特徴は軟水という炭酸泉のお風呂だ。千代の湯のあるビル自体は古い家ですが、1フロアにおけるバスは発端からかなりおしゃれな組織になっています。

店内もモダンな形状で、ロッカーは思い出深い風土の漢結果の書かれたものです。こういうロッカーは多くのデザイナーズバスを手がけている計画社によるもので、調和モダンでオシャレだ。

お風呂は、ジャグジーや電気風呂のある大きい軟水風呂、炭酸泉、水風呂などがあります。炭酸泉は洞窟の中のような組織になっており、お湯の気温は38たびってぬるめになっています。炭酸泉に浸かっていると、体調に細かい泡が付くのがわかります。これにより、血行を良くし冷え性を解消する効果があります。また、浴室に入るといった目に飛び込んでくる最適富士山の壁画は、日本で低いペンキ絵師にて描かれたもので、夫湯という婦人湯でひとりひとり風土が違う。

温かみのある明かりに照らされたブレイク余分には、のんびり座れるソファーがあって、お風呂上がりにおっぱいやコーヒーおっぱい、オロナミンC、ラムネなども用意されています。そのほか、手ぶらでお風呂を楽しめるように、洗髪やリンス、石鹸、貸し手ぬぐいなども販売されています。こういうバスのシャワーブースには、洗髪や躯幹ソープなどが備え付けていないので、先に購入しておくという良いでしょう。また、コインランドリーも併設されているので、とても便利です。

「千代の湯」はこれまでのバスの予測と違って、やっぱ清潔感があります。お仕事帰りや近くの公園で体調を動かした後の消耗を癒したり、フラッと立ち寄ってみたりするのにおすすめのデザイナーズバスだ。ミュゼ小田原のキャンペーンでオトクに美容全身脱毛